交通事故と物損

交通事故が起きれば、さまざまなものが壊れてダメージを受けます。人間だけがダメージを受けるわけではなく、多くのものダメージを受けていくことになります。精神的にも大きなダメージを受けていくことになり、相手側には保証してもらわなければいけません。これを慰謝料と呼びますが、物損事故では発生しないところが重要です。ですが、物損事故では絶対に慰謝料が発生しないというわけではありません。さまざまな条件によって発生する可能性があり、請求もできるようになります。

事故そもそも物損事故とは交通事故の中のひとつで、人がなくなってしまったり、ケガをしてしまったりする事故とは異なり、ものだけが壊れた事故を指しているのが特徴です。車がぶつけられて壊れてしまったけれど、人も怪我をしたというのであれば人身事故で物損事故ではありません。人がけがをしたり絡んでしまうのは、すべて人身事故であるというのが解釈です

この二つがわかれているのは、法律上も制度上も扱いが異なるところが大きな理由になっています。賠償金としての種類も金額も全く異なる扱いです。交通事故にあってしまったときには、非常に大きな問題点であり、どちらなのかをはっきりさせていかなければ慰謝料に関しても違いが出てしまうことになるでしょう。交通事故にあったら慰謝料を請求できると思っていることもありますが、はっきりとさせなければいけない部分がある以上、参考にしてみてはいかがでしょうか。

物損では発生しない

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket